ゲイ寄りのバイ、過去と日常とこれから。
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
同性婚を巡る暴動
2013/09/29/ (日) | edit |
ローマ法王が昨今、「同性愛者を差別する今のカトリック教会の態度なんかイケてない」「カトリック教会って、これからの時代は癒やし!まさに野戦病院的な癒やしを目指してレッツラドン!」(脳内意訳)発言をしました。
この影響があるのかないのか、同性婚に反対するデモや暴動が各国で相次いでいます。
暴動者の中には、「同性愛は犯罪だぴょん!」(脳内意訳)などと言っている者もいるとか。

いやいや、暴動こそ犯罪ですから。

韓国でも、著名な映画監督が同性婚を挙げたものの、式場に暴動者が現れたとのこと。
頭の痛い世の中です。

そもそも「結婚」というか、「人と人が寄り添って生きる形」なんて色々な形があっていいと思うのですがねぇ。

同性婚とか認められたら、市場経済がかなり潤ってくる予定なんですが…これはまあ、別の機会に書きます。


黒猫坂コウ
スポンサーサイト
ねむねむさんに捕まると今すぐ厄介。
2013/09/27/ (金) | edit |
先日の河川敷でのランニング時に、汗を拭こうと思ってタオルを取り出したら雑巾でした。
そんな若干お茶目な黒猫坂コウです、おはようございます。


この冒頭を書きたいが為にわざわざ、ブログを更新したというのは、オーストラリア政府の捏造情報だと思います。
それかベルギーね。

黒猫坂コウ
千種川ランナーず
2013/09/26/ (木) | edit |
今日は夕方から走った。
いつもは、家を出て岬をぐるりと一周してから平地を走る。だが、今日はどうしても河川敷を走りたくなり、コースを変更した。
空が薄ぼんやりとした朱色と紫色に染まり始めている。きっと川沿いを走ると気持ちいいはずだ。

街並みと呼ぶには、いささか寂しい道を大股で通り過ぎ、千種川にかかる大きな橋を横風に殴られながら走った。

海から絶えず吹き付ける風は、余りに豪快で清々しいほどだ。
橋を渡りきり、いよいよ河川敷に降りる。
風向きが逆風となった。
全身が風の流れの中でもみくちゃにされるような感覚に、意識が高揚する。
ついペースをあげてしまう僕に、携帯電話のランニングアプリがペースダウンを指示してきた。
文明の利器は、時にこしゃくである。
言われるままにペースを戻し、徐々にウォーキングにうつす。
12月の大会にエントリーできるように、先ずは体力をつけなくてはならない。
無理は禁物だ。
何より、走り終わったら仮眠をとって夜勤に行かねばならない。
ついでに言うと、夜勤が明けたら日勤に行って夜まで働いたうえで再び夜勤に入って日勤に入って、夜勤に入らなければならない予定だ。
下手をすると更に日勤にでる可能性もあるので、無理は出来ないのだ。
ランニングアプリが今日の目標達成を伝えてくる。
日は落ちきって、周囲は既に真っ暗になっていた。
彼氏に、これから帰宅するとメールを送る。
メールは、遠い大阪まで一瞬でたどり着けるというのに、人の脚の遅さときたらじれったいばかりだと思う。

こうして僕は、河川敷のランニングを堪能したのだった。


黒猫坂コウ
赤穂義士マラソン
2013/09/18/ (水) | edit |
いぎす豆腐の画像はまだですか?と聞かれていない事をいいことに、放置している黒猫坂です、おはようございます。

仕事の合間や休日を利用してランニングを始めてみました。
もともと走る事が好きなので、これが楽しい。
ただ、不規則な生活をしているので時間を決めて走れないのは残念です。

ただまあ、走る以上、目標をもちたい。
そこで今考えているのが、「赤穂義士マラソン」への参加です。
仕事の繁忙期なので、エントリーに躊躇しているのですが、大会に参加するために体を調整していくというのは、目標設定として良いのではないかと思う次第。

まだ参加できるか判りませんが、考えるだけでワクワクしています。


黒猫坂コウ
赤穂シティマラソン
2013/09/13/ (金) | edit |
申し込み期限ギリギリまで参加を検討していましたが、参加しない事にしました。
あと2ヶ月で身体を調整するのはスケジュール的に無理がありそうだなと、判断したためです。
9月から、仕事が繁忙期に入るので大きな負担は抱える訳にはいきません。
なので、12月の義士マラソンへの参加を検討しています。
5キロにエントリーするか、10キロにするかが悩みどころ。
夜勤明けで走る可能性を考えると、フルとハーフは論外です(笑)

てな訳で、現在はマラソン脳になっているのでした。

黒猫坂コウ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。