ゲイ寄りのバイ、過去と日常とこれから。
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
彼へのプレゼント
2009/11/23/ (月) | edit |
 通販で購入したプレゼントが昨日届きました。
 ペアのものが良かったんで、あれこれ悩みました。

 僕、アクセサリー付けるのあまり好きじゃないので。
 (悩みどころ、そこかい!!)

 リングは、サイズ解からない。
 そもそも、ペア物って片方が女性向けデザイン。
 彼に女性物を付けさせると、彼が知り合いに「それって女性物では?」とか
 突っ込まれた時に面倒くさいだろうし。(僕が女物を付けるという発想は存在しない。)

 でも、2人のペンダントを組み合わせるとハートになるデザインには正直惹かれました。
 あれいいなぁ。

 まぁ、彼のファッションセンスと僕の服装でも無難にコーディネート可能な物にしました。
 彼はあまり、ファッションに拘らない人なのでそこが若干難点でした。

 正直、別れたほうがいいかもなんて思った時期もありました。
 メール出しても返事ないし。メール来てもすぐには返せないし。
 生活がすれ違っている以上、電話できないし。
 
 別居中の夫婦みたいな感じですよね。

 こういう生活になるまでは、毎日メールが当たり前だっただけに反動が大きかったんですね。
 
 だからって、「寂しいから別れよう」なんて意味不明に思えたんです。
 お互いの生活があるのは当たり前。
 そこを、尊重しあっていかないとお互いが疲れるだけ。
 僕は、彼を大切にしたい。疲れさせたいわけじゃない。
 
 そう考えたら、「待とう」と自然に思えました。
 ハッキリしておかないと気が済まない性分なので、
 1か月ほど前に 「待っていてもいいのか?」と単刀直入に問い合わせたところ 
 「待っていて」という返事も来ました。

 それからの生活は、ずいぶん楽になりました。
 待っていていいなら待つ。
 方向性がハッキリしていれば強くなれます。
 標識がでているんだから、変な横道なんて無視していいって事です。

 てな訳で、後はこのプレゼントをクリスマスまでに送るだけ。
 でも多分、付け方にこまるだろうなぁ。
 飾り気のない彼氏…無添加?

 追伸
 最近、ブログペットのたかみくんが「こうしんたのしみにゃ」などと変にプレッシャーかけてきます。
 癒してくれる気ないなコイツ。

                                          黒猫坂 コウ
 
 
thema:男同士の恋愛
genre:恋愛
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。