ゲイ寄りのバイ、過去と日常とこれから。
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
彼とのデート
2009/12/01/ (火) | edit |
 最近、更新をさぼっていたのは別にYOUTUBEでアニメを観てた事が
 原因ではありません。…多分。

 彼と初めて会ったのは4月。その後8月まで、月に1度デートしました。
 遠距離なので、お互いにシフトを調整してお泊りデートです。
 過去5回のデートは、全て彼が会いに来てくれました。
 僕も彼の住む町に行きたかったのだけれど、色々と理由をつけて彼の方がわざわざ来てくれたんです。
 
 多分、僕がフリーターだから金銭面での負担を考えてくれたのでしょう。
 ありがたいけど、ちょっとだけ本当にちょっとだけ傷ついたかも。
 やっぱり、年下の男なんて頼りないのかな。なんてね、思いましたよ。
 
 彼が泊まりに来てくれる日は、前もってコーヒー牛乳を買っておきます。
 2泊すると1リットルが5本は必要です。
 これって、コーヒー牛乳中毒?
 僕だけなら飲みきるのに1カ月以上かかる量ですよ。
 それが、2日で飲み切られます。
 うん、やはり中毒だ。

 それから、初デートの海にも必ず行きます。
 これは、毎回何となく。
 5回目は日焼け目的でしたけどね。
 そうそう、彼は日焼けするのが好きらしいんです。
 今年はあまり焼けなくて残念そうでした。
 来年、また一緒に焼きにいけたらいいな。
 焼きに行くと、彼は寝てしまうから僕は退屈してしまうから、今度は本を持って行こうね。
 
 彼と一緒にいるとあまりお腹が空かないので、2日で1食というのも珍しくありません。
 その1食は、今のところ必ず回転寿司です。
 普段、生ものを食べないからたまに食べたくなるらしい。
 僕は魚が好きだから大歓迎。
 
 それから、温泉にも行くようになりました。
 彼が塩サウナ好きだというので、塩サウナがあるところを調べて行くようになったんです。
 お風呂上がりに、喫煙所で2人で煙草を吸う。
 そんな、ささいな時間がとても幸せなんです。
 
 他はずっと、僕の部屋。
 ただただくっついていたい。
 だって、またしばらく会えなくなるから。
 
 僕に幸せをくれる貴方は、ちゃんと幸せですか?
                                      黒猫坂 コウ
 
thema:男同士の恋愛
genre:恋愛
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。