ゲイ寄りのバイ、過去と日常とこれから。
スポンサーサイト
--/--/--/ (--) | edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
教育の難しさ。
2009/11/14/ (土) | edit |
 皆様、お疲れ様です。

 黒猫坂は、現在二つの仕事を掛け持ちしております。

 同じ職種なので、個人的には働きやすいのですが

 共通して大変なのは、新人の育て方です。

 年上の方を育てる時。

 とても気を遣います。(あれで?とか、いわれそうですが。)

 こちらが指導する際、「○○さん」等の敬称は当然つかいますが、

 必ず相手の方にも「黒猫坂さん」と、敬称を使って頂きます。

 個人的に年上の方に敬称を付けていただくのは、大変恐縮してしまいです。

 しかし、他のスタッフの手前これは我慢しなければなりません。

 慣れてくれば、「くん」「ちゃん」に切り替えていただくのですがね。

 黒猫坂の指導は厳しいので、大体年上の新人さんには嫌われます。

 それに嫌気がさしてきて新人指導から距離を置いていたら、

 見事に役立たずの量産に成功しました。 
 
 僕は嫌われずに済んだので、その点だけが救いです。

 しかし、最近難しさを特に感じるのは高校生バイトの子です。

 基本的に、礼儀作法を知らないのでそこから指導していきます。

 すると、あら不思議!

 気づいたら辞めてる!!

 てな事が頻発します。

 なんなんでしょう?

 あまり辞められても困るので、程々に口出しする程度にとどめてみました。

 そしたら、僕の上司が新人にキレる回数が激増しました。

 僕に怒られてるほうが、まだましという怒りよう。

 次々と辞めていく高校生

 「やはり。」

 「根性無し。」

 「期待してなかった。」

 周囲のスタッフも、変なことに慣れてしまいました。

 新人に辞められることに慣れる職場。

 変な職場。

 でも、確かに礼儀を教える段階で脱落する人は
 
 年上の方でも高校生でも成長しない。

 これは、間違いありませんね。

 
 などと、今日も駄文を打ち込んでみました。

 どなたも、風邪・インフルエンザにお気を付けくださいませ。

                                          黒猫坂コウ  
thema:仕事
genre:就職・お仕事
Comment
Comment list
submit
URL:
Comment:
Pass:
secret: not public
 
track back
track back url
track back list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。